3Minutes-Media

たった3分で『旬』な情報を手に入れる

*

石塚晴子の身長や体重は?練習で持久力UP!動画でわかる速さの秘密!

   

石塚晴子 画像

スポンサーリンク

世界陸上で日本人女性唯一の現役高校生としてリレー代表に選ばれた敬愛高校の石塚晴子さん

 

世界陸上で世界の実力を体感することで今後さらなる成長が期待できるかもしれません。持ち前のスピードと持久力が世界でどこまで通用するのか?

 

そんな石塚晴子さんについて、

『陸上を始めた意外なきっかけとは?』

『インターハイ3冠達成の速さの秘密とは!』

『いったいどんな練習をしているの?』

などの気になる噂を調べてみました!

石塚晴子さんのWikipedia風プロフィール

【生年月日】1997年6月2日
【身長】161cm
【体重】52kg
【出身校】新池中学校→東大阪大学敬愛高校
【自己ベスト】
・400m  53秒44(高校歴代4位)
・400mH 57秒79(高校歴代2位)

 

石塚晴子さんが陸上を始めたのは中学校からで陸上を始めた理由は運動会のクラス対抗リレーで走りたかったからだそうです(^^;;

 

そんな理由で始めた陸上でまさか日本代表でリレーを走るなんて当時は夢にも思わなかったでしょうね(笑)

高校では敵なし?5冠届かずも堂々の3冠達成!

石塚晴子 画像

石塚晴子さんはインターハイでは400m、400mハードル、800mの個人3種目と400mリレー、1600mリレーで出場し周囲からは5冠を狙えると言われていました。

 

石塚晴子さん自身もひとつでも多くのタイトルを獲得したいと5冠達成に燃えていました。

 

結果は400m、400mハードル、1600mリレーに3冠。残念ながら5冠達成はなりませんでしたが、試合の内容は今後の活躍を期待するには十分な結果となりました。

 

400mを53秒30の大会新記録で圧勝。400mハードルでは57秒09のジュニア日本新記録。800mは惜しくも2位となりましたが、ライバルの出現がきっと記録を伸ばすきっかけになると思います。

石塚晴子さんの速さの秘密は?

過酷なスケジュールをこなす超人的な体力

石塚晴子さんは8月の炎天下のなか5日間で14レースをこなし、最終日のレースで3冠を達成するという驚異の、いや超人的な体力を持っています。

 

1600mリレーはスピードと持久力が必要な種目。ゴール後にはその場に倒れこむほどのしんどさがあるそうです。それをレース後には笑顔を見せるほどの余裕がある石塚晴子さんの体力は他の選手に比べても圧倒的です。

スポンサーリンク

 

練習では400mハードルを走った後に15分休憩して800m走、400m走を走るという過酷すぎる練習!

 

この厳しい練習を乗り越えられたのも試合に出ることができない同級生の分までと『きつくて走れない』とは言わないように、思わないようにしてキャプテンとしてチームを引っ張ってきました。

400mリレーにも出場するスプリント力

400m走のタイムは53秒30。100mを約13.3秒で走る計算になります。つまりはほぼ全力疾走。

 

とくに石塚晴子さんの走りはスタートから約200m地点までの走りがものすごく速いんです。おそらくスタートダッシュがものすごくうまいんだと思います。

 

これは400mリレーに出場しているのが物語っているように100mや200mの選手にも負けないくらいのスピードがあるというわけです。

 

そこに超人的な体力が加われば400m走で勝てる選手はそう簡単にはいないでしょうね!

ハードルを越える技術がすごい!

400mハードルでも圧倒的な走り。後半になってもスピードがなかなか落ちないのはきつい練習で手に入れた超人的な体力があってこそ。

 

普通400m走が速いからといって400mハードルが速いかというとまったく別の話。いかにスピードを落とさずにハードルを飛び越えることができるかが重要です。

 

400mハードル走はスタートから1台目のハードルまでの距離が45m。その後35mずつに10台のハードルが設置されていて、最後のハードルからゴールまでは40mになります。

 

石塚晴子さんはこのハードルを越える技術がとても素晴らしいんです。レースを見るときに1番気をつけて見て欲しいのが1台目のハードルを飛び越えるスピードです。

 

そして、
最後まで全て同じフォームで跳べる体の軸の強さ。どうしても後半しんどくなってくると高く上に跳んでハードルを飛び越えたくなります。そうするとタイムロスにつながります。

 

最後までフォームが崩れないのは反復練習と腹筋や背筋などの筋肉が強いからこそ。

将来は400mハードル専門選手に?

石塚晴子さんは800m走にも出場していますが今後は400m、400mハードルのどちらかに種目を選択するかもしれません。世界で戦っていくにはより専門的な練習が必要になってくるためです。

 

もしオリンピックでメダルを獲得する可能性があるとすれば400mハードルのほうではないかなと思います。

 

というのも男子400mハードルにおいて為末大選手が2001年、2005年の世界陸上で銅メダルを獲得しています。

 

それは単純にスピードを競うのではなくハードルを飛び越えるという技術的な部分も競う競技だったからこそ日本人でもメダルを獲得することができたんだと思います。

 

ただ、
僕は日本人でもいつか海外の選手とスピードを競う100m、200mで世界陸上やオリンピックの決勝で活躍する選手が出てくることを信じています!

スポンサーリンク

 - 美人アスリート図鑑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鈴木亜由子の身長や体重などwiki風プロフ!走りの特徴や強さの秘密!

スポンサーリンク スポンサーリンク 世界陸上2015・北京で初出場となる鈴木亜由 …

西原加純 画像
西原加純・世界陸上で注目美白ランナー!彼氏や痩せたという噂は?

スポンサーリンク 世界陸上に出場する日本の女子選手を見ているとひときわ肌が白く、 …

野崎舞夏星のプリクラが流出?可愛い笑顔と筋肉のギャップが凄い!

スポンサーリンク 相撲と言えば、まわし一つを身に纏い、土俵でぶつかり合う男の格闘 …

横峯さくら 画像
横峯さくらの黒タイツと太ももに注目!夫のヒモ疑惑と子供の妊娠は?

スポンサーリンク スポンサーリンク 宮里藍さんとならび世界で活躍する横峯さくら選 …

池江璃花子 画像
池江璃花子は父母の教育で才能開花!五輪でメダルの可能性を考察!

スポンサーリンク スポンサーリンク 水泳種目でリオオリンピック、東京オリンピック …

青木愛 画像
青木愛(シンクロ)の結婚や恋愛は?水泳で鍛えたビキニ姿が過激!

プロ野球選手やJリーガーは引退した後にコーチや監督、解説者として活躍する人が多い …

石川佳純 母 画像
石川佳純の母・久美さんの旧姓や出身高校は?親子の絆が分かる動画!

スポンサーリンク リオオリンピック、東京オリンピックで日本のエースとしてメダルを …

宮下遥 画像
宮下遥のポチとパン線画像まとめ!歯を折っても戦う性格が男前!

スポンサーリンク スポンサーリンク バレーボールにおいてコート上で色々な戦術を組 …

古賀紗理那 画像
古賀紗理那を木村沙織二世と呼ぶ3つの理由!姉や私服の画像公開!

スポンサーリンク スポンサーリンク ワールドグランプリの日本代表で宮部藍梨さんと …

石井優希 画像
石井優希の太ももの筋肉が凄い!私服が可愛いのは彼氏がいるから?

スポンサーリンク スポンサーリンク 美人アスリートがテレビや雑誌で紹介されたりす …